†††††いくら亭†††††

このブログは、杉基イクラの提供でお送りしています。
記事編集

禁煙

行ってきました。禁煙外来!!

個々数ヶ月、毎朝毎夜喘息の発作が続いたりしていて調子の良くない
時期だったこともあり、ストック残り1本にして、割と清々しい気持ちで
いざ禁煙外来へ。

はじめは、禁煙サイトでの情報や、禁煙中のアシさんの話とか聞いて想像して
いたように医師には親切丁寧、そして熱心なカウンセリングを期待していた
のですが・・・
私が行ったところがたまたまそういう所だったのか、私が悪いのかは知りませんが、

うっかり医師が色々説明する前に、自分の前知識をペラペラしゃべってしまい
(これってこうなんですよね、これってこうだと聞きました!それはこうっすよね!!
みたいな・・・・嫌な患者だ。)
医師には「そこまで調べ上げているのなら僕から言うことは何もありません。」
・・・ってオイ!!
とりあえず、ニコチンパッチと錠剤どちらがいいか聞かれて、
普段から投薬されている薬が多すぎるので(喘息やらアトピーやら耳鼻科やら)
これ以上は飲み薬を増やしたくないので
貼るパッチにしときました。
・・・まぁたいしたカウンセリングは受けられなかったものの、
保険がきくので一般薬局でパッチ買うよりは3割負担の処方箋が良いわけで。

帰ってきて、残り1本を深々と吸う・・・。
さよなら喫煙ライフ。ちょっと寂しいような切ないような喪失感を味わいながら
タバコとの卒業式。
・・・・・・・・・・出戻るなよ自分!!

夕方からパッチを開始して・・・・それなりにタバコへの未練はありつつも
ニコチン恋しさというよりは、喫煙行動の記憶が懐かしい、物足りない、といった感じ。

仕事中にタバコ。ネット中にタバコ。食後にタバコ、といった
身に染みたパターンが常に気にかかるものの、すごい禁断症状的なものはまだ無い。

うむ・・・・頑張ろう。



ちなみに。先日、マメ子の中耳炎の診察のついでに、もう4年程前から
聞こえにくくなっている自分の右耳も検査してもらいました。

原因は自分でもわかっていて、マメ子がまだお腹にいる8ヶ月頃、
大きくなり始めたお腹を抱えてスタンディングのライヴに参戦した時。
(忘れもしない、あれはnil様タカノテツ様。)
前方右の大スピーカーの真横にいたのと、たまたまそのライヴの音量が割と
デカ目だったことで、大音量が右耳に直撃。
その音のせいで(あと、妊婦は通常時よりいろいろな影響を受けやすい)
右耳半分聞こえなくなっちゃったんだよね。

今では、右耳での電話の音や、イヤホンの音なんかは、まるで
水の中から外の音をきいているような感じ。

そんで、耳鼻科の先生いわく、試しに薬出しておくけど、良くなればラッキー、
治らなければ古傷と思ってあきらめてください。だって。えぇー。
聞こえなくなってすぐなら割と治るけど、もう4年も経ってるとダメらしい。
そこまで日常生活に支障がなかったとはいえ、放置しといた自分の責任。くっ。

つーか、妊婦がそんなキケンな所に行くなよってことか。