†††††いくら亭†††††

このブログは、杉基イクラの提供でお送りしています。
記事編集

大家好!!

台湾でのサイン会も無事終了しましたー。
初台湾は、台湾角川の編集さんたちも本当に良い方たちばかりで、すごく楽しかったです。

台湾台北の街並みは日本の企業やお店が多かったので、それほど日本と変わらない感じがしたのですが、日本と違うのは、バイクの数がとにかく多い!!日本なら路上に自転車が数百台立ち並ぶところ、台湾ではそれが全部バイク。
初め、信号待ちのバイクが20~30台並んでいるのを見て、「台湾の族だ!」と大真面目に言って、台湾支社の編集さんに笑われてしまいました。笑
実際は族でもなんでもなく、ほんとに一般市民の通勤バイクで、単にバイク利用者がむちゃくちゃ多くて、常にそのくらい並んでしまうだけなんです。
車もバイクも交通量多くて、事故が多そうだ・・・つーか、実際多いみたいです。ぶるぶるぶる。

あと、コンビニがやたらと多くて、セブンイレブンの向かいにファミリーマートがあってみたり。
コンビニには当たり前のように、日本の漫画や雑誌が置いてありました。


サイン会は、台北で行われたブックフェアの一環で、参加している台湾角川のイベントとして行われました。ブックフェアは日本で言うコミケの企業ブースの拡大版。展示&即売をしていて、規模は日本のコミケット並。
日本のコミックだけではなく、文学書籍から宗教まで幅広いジャンルの企業が参加しており、各館ごとにジャンル分けされていて、お客さんも多かったです。特にアニメコミックのあたりは若い子が多くて活気がある感じでした。
そんな中、私のサイン会は特設会場まで設けていただき、徹夜までして並んでくれた読者さんまでいて、ほんとにもう恐縮しまくりでどうしようかと・・・笑
おそるおそる特設会場に入ると、司会のお姉さんの合図と共に150人の読者さんたちが声をそろえて「スギモトセンセイ、コンニチワー!!」ブッハーー!!私、思わず爆笑してしまいました。
私ったら何者ですか!!??

サイン会の後は、近くのホテルの一室でマスコミ取材。
漫画のことからプライベートなことまで一通り質問を受け、写真も撮られ
またもや 私ったら何者ですか!!??

その後、日本でいうなら渋谷あたりになるという西門へ移動し、
animate西門店でのサイン会。
ああ・書店でのサイン会のほうがまだ落ち着く・・・笑
「私何者!!??」とここにいるのはホントに自分なのかと疑ってしまう衝動にかられたのは、今思うと、きっと台湾の読者さんがほんとに情熱的なせいもあったんだろうなーと。なんか、一生分の誉め言葉と情熱をいただいてきてしまった感じです。あわわわ。恐縮です。ありがとう。謝々。


あと各会場で私は前日に教わった中国語の挨拶をしたのですが、それが一番恥ずかしかったぞ。笑
「大家好。我是、杉基イクラ。謝々。」ダーヂャハォ。ウォシィ、シャンジィイクラ。シェシェ。笑

そんなこんなで、めったにできないであろう良い体験をさせていただき、食べ物もすごく美味しくて、街も楽しくて、素敵な思い出ができました。

台湾の読者様、台湾角川の皆様には本当に感謝です。謝々!!!

そして担当氏もお疲れ様。今月もスケジュールヤバそうだけど(汗)頑張りましょう。

自宅に帰ると、まめ子が「いないいないばぁ」を覚えていて感動。
またスキルアップしてるよ!!!

画像は
左上・アイコでか!!記念撮影(笑)
右上・ダーヂャハォ・・・(緊張)
左下・隣で台湾角川の方(とっても愉快な台湾人!)が通訳してくれました。
右下・男性読者さんがすごく多かったなぁ・・・半数以上。日本とは逆だ。
ちなみに、台湾ではvarianteは寄生少女と訳され、18禁本でした。
(なのでサイン会も18歳以上限定だったようです。)