†††††いくら亭†††††

このブログは、杉基イクラの提供でお送りしています。
記事編集

ヴァリアンテ・完

今月号のドラゴンエイジで、variante最終回ですー!
ちょうど丸2年。その間にマメ子がお腹の中にいたり、産まれたり、引越ししたり色々と新しい環境に戸惑いながら、とにかく必死に描き続けたvariでありましたが、よーーーやくラストの原稿も上がり、一安心。(;´▽`)

アシさんたちもお疲れさま!
担当氏もお疲れさま!!
おつかれ



原稿最終日には担当氏がお祝いのケーキを差し入れしてくれたり!(ちゃんとホール真ん中の板チョコには「varianteお疲れさまでした。」って書いてあんの!!)
アシさんの旦那様からはお迎えついでにピンクの花束をいただいたり!!
そのアシさんの旦那様とウチの旦那様も巻き込んでアシさんたちと打ち上げしたり!!!
最後はなぜかみんなで「一本締め」してみたり!!!!
まるで10年くらい長期連載してた漫画の最終回かよってくらい内輪では盛り上がっておりましたが、
つーか、2年ですから。笑
でも、この業界、無事に最終回を迎えられる漫画を描けるというのはとても恵まれたことで、
しかもそう何度も訪れるものではない、以外と貴重な瞬間だったりするのですよ。これが。
読み切りや前後編みたいなものでは最終回とは言わないし、短期連載はまだ経験ないし、
デビューからずっと同じ漫画描き続けている作家さんなんて一度も経験していない。
打ち切り・・・とかはヤな最終回だけど・・・次に繋がれば、それもまた良い勉強。
何事も終わり良ければ全てよしってなもんで、終わりが重要なんですね。
個人的に、variは良い終わり方ができたんじゃないかと。
そして、いろーんな勉強もできました。
よーし!!!
マメ子と遊ぶぞーーー!!!!
とことんあそぶぞーーーー(≧∀≦)

っあ!!
まだ最終巻の単行本作業があった・・・・!!!